グラニュー糖、上白糖、三温糖の違い

生活

砂糖にはいろいろ種類があって、グラニュー糖、上白糖、三温糖、きび砂糖などどれを選んだら良いのか、何にどれを使ったら良いのか分かりにくいですよね?

さらに、砂糖は茶色く色がついているものが体に良いよ。と聞いたことがあるかもしれませんが、それはどの砂糖のこと?

今日は身近な存在気になる砂糖のことを調べてみました!

 

砂糖ができるまで

砂糖の原料は主にさとうきびやてんさい(ビート)です。

その原料を砕いて、煮詰めたり、不純物を取り除いたりを繰り返している過程で、

色々な種類の砂糖がうまれています。

以下製造工程ザックリ図です。

手書きの図でスミマセン…PC操作上達したら差し替えます。

グラニュー糖

最高純度の糖液から、細かく粒状に結晶させたものでサラサラしています。

世界で最も使われている砂糖です。「グラニュー糖」と呼ばれるのも海外からの名前ということがわかりますよね。

グラニュー糖は味にクセがなくサラッとした甘さなので、素材を生かしたいときにおすすめなんです。

そして溶けやすいので、風味のある飲み物、コーヒーや紅茶の甘味料として使ったり、

上白糖より焦げにくい特性があるので、軽く焼き上げたいスポンジケーキやクッキー、ビスケット、タルトのような焼き菓子づくりに適しています。

ちなみに角砂糖はグラニュー糖に純度の高い砂糖液を少量混ぜて成型、乾燥させたものです。

 

上白糖

日本では「砂糖」というとこの上白糖のことを指しますよね。

上白糖は日本うまれで、ほぼ日本のみで利用されてるんです。

色がが白いのは、煮詰めて不純物を取り除いたり(精製)を繰り返しているうち、純度が高くなり透明になります。それが光を反射して白くみえてるのです。そして精製を繰り返しているのでさとうきびの成分やミネラルも取り除かれてしまっています。

上白糖はグラニュー糖の製造工程からさらに糖液をふりかけて作られていて、

その糖液には吸湿性があるので水分を保持して、しっとりとした感触になってます。

なのでずっと保存してると固まってカチカチになってしまうのですね。

糖液は甘いので、グラニュー糖より上白糖のほうが甘みが強くてコクがあるんです。

和食、和菓子はもちろん、オールマイティに使えます。

三温糖

三温糖はグラニュー糖や上白糖が作られた後の糖液を再び煮詰めて結晶を取り出します。

その工程を数回(三回位)、温めてつくるのでそこから「三温糖」と名前が付けられたそうです。

三温糖はこの加熱によりカラメル化した褐色になるのです。

成分はミネラルが含まれるのですが微々たるものなので、上白糖とあまり変わらないです。

甘みもコクも強くしっかりした味わいなので、煮物やつくだ煮などに使うとコクが出ておいしく作ることができます。照り焼きもコクが出ておいしいですよ。

 

きび砂糖

きび砂糖は、最低限の不純物を取り除いて結晶化させたものです。

なので、さとうきびの本来の持つミネラルや風味やコクが残っています。

まろやかな甘さと独特なコクがあり、奥行のある味が出せて

味にクセがないのでどんな料理にもつかえます。

黒砂糖

さとうきびの絞り汁を加熱して水分を蒸発させて濃縮して冷やし固めたものです。

糖分を分離精製してないので、ビタミンやミネラルなど、さとうきび本来の栄養素を多く含んでいます。

そのおかげでカラメルのような甘みが強く、渋みや苦みの雑味があり奥深い味になっています。

独特の味わいなので用途は限られますが、そのまま食べられたりするのも黒砂糖ならではで、健康と美容のため飴のように食べるのもいいですね。

良いといわれる茶色の砂糖はこれ

さとうきびのミネラルは精製の回数で減ってしまい、製造工程が少ないものが成分が残っているので、黒砂糖きび砂糖ということになります。

料理や普段使いしやすいのはきび砂糖ですね。

三温糖は精製されてミネラルはほぼなく、製造工程による加熱で色がついた茶色なのです。

まとめ

砂糖の原材料はもともとは同じなのに、製造工程の精製の回数の違いとその後の工程で、成分や風味や色が違ったものになることがわかりました。

甘味などそれぞれの砂糖の特徴を活かせる使い方ができると、料理などもっとおいしく作ることができますね♡

表にまとめました。

色、特徴 おすすめの使い方
グラニュー糖 白い、さらさら サラッとした甘さ、クセがない スポンジケーキ等お菓子、風味のある飲み物
上白糖 白い、しっとり 甘味が強くコクがある 和食、飲み物、オールマイティ
三温糖 褐色、さとうきびの成分ほぼなし 甘味が強くコクも強い 煮物、つくだ煮、コクを出したい料理
きび砂糖 褐色、さとうきびの成分あり まろやかな甘さ、クセがない 煮物、オールマイティ
黒砂糖 濃い褐色、さとうきびの成分凝縮 カラメルのような独特の強い甘味 そのまま食べる

 

 

Sponsored Links

コメント

タイトルとURLをコピーしました