ソーセージとウインナーの違いは

生活

ソーセージ、ウインナーは、茹でても焼いてもパリッとプリっと美味しいですよね!

朝食に、お弁当のおかず、ビールのおつまみにと大活躍の美味しいソーセージ、ウインナー。

今日はソーセージとウインナーの違いを調べてみました。

ソーセージとは

ソーセージは塩や香辛料で味をつけた豚肉や牛肉のひき肉を、腸(ケーシング)に詰めたものの総称なのです。

ということは、ソーセージには種類があるってことなので、見ていきましょう。

ウインナーとは

ウインナーは「ウイーン風の」という意味で、正式にはウインナーソーセージと呼び、ウインナーはソーセージの一種なのです。

色々なソーセージの種類があって、日本ではJASによる分類がされてます。

ウインナーソーセージ

羊腸を使用したもの、または太さ20mm未満。

日本ではこのサイズのウインナーの生産数が多く、家庭で親しまれているので、

「ソーセージ」と呼ぶときは、ウインナーソーセージのことを指しています。

フランクフルトソーセージ

豚腸を使用したもの、または太さ20mm~36mm未満。

ドイツ・フランクフルトに由来してます。

お祭りの屋台や、コンビニで見かけますよね。食べごたえがあっておいしい。

ボロニアソーセージ

牛腸を使用したもの、または太さ36mm以上。

イタリア・ボローニャに由来してます。

厚めに切ったものを焼いてステーキで食べたり、刻んで野菜と炒めたりがおすすめ。

 

ソーセージは動物の腸(ケーシング)を使っていたり、人工ケーシングを使っている物もあります。

人工ケーシングは、タンパク質を原料とした食べられるものや、プラスチックを原料としてそれを取って食べるというものもあります。

ドライソーセージ

サラミやカルパスもソーセージの一種なんです。

サラミは、水分含有量35%以下ドライソーセージ、

ソフトサラミとカルパスは、水分含有量35~55%セミドライソーセージに分けられます。

  • サラミ~牛肉、豚肉のひき肉に塩やラードを混ぜ腸詰めし、茹でたり燻したりしたのち、乾燥熟成したもの(イタリア由来)
  • ソフトサラミ~牛肉、豚肉を使用したもの(イタリア由来)
  • カルパス~牛肉、豚肉、鶏肉を使用し乾燥熟成したもの(ロシア由来)

魚肉ソーセージは

細かく言えば魚肉ソーセージはソーセージに似た、加工食品なのです。

魚肉練り物製品の一種で、魚肉や鯨肉が原材料の重量50%以上のものです。

Sponsored Links

コメント

タイトルとURLをコピーしました