リンス・コンディショナー・トリートメントの違いと使う順番を調べたよ

生活

シャンプーの後や、薬局での買い物の時、

リンス、コンディショナー、トリートメント、

種類が多いよ~違いはなんだろう~?

と思ったことはないですか?

はっきり分からないので、それぞれの違いと、使う順番も調べてみました!

 

それぞれの違い

リンスとコンディショナー
どちらも髪の表面を保護し、手ざわりをなめらかにするもの

 

トリートメント
髪の内部に栄養を与えて髪を補修するもの

こんな違いがあるのです。

 

次はリンス、コンディショナー、トリートメント

ひとつずつ見ていきましょう。

 

リンスとは

髪の表面を油分やシリコンでコーティングして、手ざわりをなめらかにする役目があります。

 

リンスは髪の表面にアプローチして、シャンプーだけだと手ざわりがキシキシしたりするのを

防いでくれているんですね。

 

余談ですが、英語でrinseの意味は、すすぎ落す・流すという意味から来ていて、

むかしシャンプーは石鹸に近いアルカリ性で、

水で流しても成分が残ってしまい、髪を痛めてしまうので

中和するため、酸性の水溶液で流していた事が由来してるそうです。

英語でいうとhair conditionerになります。

コンディショナーとは

リンスと同じで、髪油分を与えて水分を保ち、

手触りをなめらかにします。

 

髪に塗布したまま時間をおいても、髪の表面へのアプローチなので

効果がないといわれています。

ですが、最近は切れ毛や枝毛などのダメージを修復する、トリートメント効果がある物もあり、使用方法が違う場合があるので商品説明を確認してから使いましょう。

 

トリートメントとは

トリートメントは髪の内部にまで栄養を届け、ダメージを補修、修復します。

髪が痛んでいる時のスペシャルケアになります。

有効成分や効果は様々で、サラサラに、しなやかに、ハリのある、などさまざまなので

自分の髪質に合うものを使いたいですね。

 

ヘアパックヘアマスク、もトリートメントと同じく、髪の内部まで栄養を届け、髪を補修しますが、トリートメントよりも、髪に良い成分が入っていたり、ダメージの修復する力が強いので、髪の毛の痛みがひどい時に使用すると良いですね。

 

使う順番は

頭の地肌を洗って、髪の内部に栄養を入れて、髪表面をコーティングして保護したいので、

【シャンプー】→【トリートメント・ヘアパック・ヘアマスク】のどれか→

【リンス・トリートメント】のどちらか

になります。

 

まとめ

  • リンス・コンディショナーは髪の表面の保護
  • トリートメント・ヘアパック・ヘアマスクは、髪の内側を補修

 

取り扱っているメーカー間でリンス・コンディショナー・トリートメントなどの

定義はそろえていないので、商品の使用方法を確認してから使いましょう。

Sponsored Links

コメント

タイトルとURLをコピーしました