ドアの指挟み防止グッズ「はさマンモス」の評判は?口コミや感想と100均グッズとの違い

ドア3 生活

お子さんが、開き戸のドアの隙間に指を挟めそうになってヒヤヒヤしたことありませんか?

東京都によるデータでは平成23年から27年の5年間で、ドアにはさんで932人が救急搬送され、45人が指を切断しています。人口比で考えると、全国で年間約100人が指を切断していることになります。

考えただけで恐ろしいですよね。

小さいお子さんは活発ですし、大人が注意していても目が行き届かなかったりしますので、
予測できる危険は避けたいところです。

筆者の子供は1歳の頃、開いていたドアの隙間に手を入れて遊んでいたことがありました。ふいに戸が閉まり、指がはさまってしまったらと思うと冷や汗な出来事でした。

そんな危険なドアの指はさまれ対策ができる『はさマンモス』について

  • 100均グッズとの違い
  • はさマンモスの評判・口コミ・感想

など気になることを調べてみたところ、100均での類似品ではドアの蝶番側はガード出来ていないので指を挟んでしまう危険性がある反面、はさマンモスは蝶番側も完全ガードできて安全であること、さらにドアの形状も選ばず取り付けることが出来るという違いがありました。

評判や口コミは、「簡単に取り付けることが出来て、事故を防止することが出来て良かった。」との声が多く、小さなお子さんの安全を守ることが出来るということです。

⇩公式サイト

年間100人がドアで指を切断!指挟み防止グッズ【はさマンモス】

ドアの指挟まれ防止グッズ・子供の指を守る『はさマンモス』とは?

ドアに指を置いている画像『はさマンモス』とは、
ドアの設置部分(ちょうつがい・ヒンジ)側に取り付ける、指挟み防止のグッズです。

設置するだけで、ドアに指を挟まれるという事故を未然に防ぐことが出来ます。

ドアの蝶番側と壁との間をまたぐように貼り付けて隙間を塞ぎます。隙間をガードすることによって、指や手を置けなくなるので、挟まれる心配が無くなります。

あらかじめ両面テープが付いているので、道具不要で手間なく取り付けることができます。

素材はPET(樹脂)で出来ているので取り扱いがラクで、長ければはさみで切って調節することもできます。

『はさマンモス』をおすすめする3つの理由!

『はさマンモス』がなぜ、おすすめなのか理由をまとめました。

はさマンモスの仕組みを解説した画像

取り付け簡単

はさマンモスにはあらかじめ両面テープがついてるので、紙をはがして付けるだけで簡単に取り付けることができるんです。

道具がいらないので、届いてからすぐに設置できるのが手間もかからず良いですよね。

取り付けは簡単ですが張り付ける作業は、最大の重要なところなので慎重に行います。

はさマンモスの取り付け方は

  1. 取り付け箇所をふく~~ごく少量の洗剤をつけ、汚れや油分を取り除きます。洗剤が残らないようにしっかりと乾拭きもします。
  2. ドア枠側に貼る~~下から上に向かって貼り付けます。上端と下端をつまむと真っすぐに貼り付けやすいです。
  3. ドアを適度に開き貼り付ける~~上から下まで真っすぐになるように貼り付けていきます。

壁や塗装を傷つけない

はさマンモスは、壁や塗装を傷つけないで撤去することができます。

特に賃貸でしたら気になるところですよね。

はさマンモスは特有の形状で負荷なく自由に曲がるので、最小限の両面テープで接着できます。なので強力な接着力を必要としないので壁や塗料に負担をかけずに取り外せるんです。

取り外してから壁や塗装が剥がれたり傷けることがないし、ベタベタするなど不快なこともありません。

色が透明で目立たない

はさマンモスは色が透明で目立たないので、小さなお子さんの興味を引きません。
いたずらしていじったりすることがないのもポイントですよね。

透明なのでインテリアの雰囲気も邪魔をしないし、圧迫間も感じないので設置していても気になりません。

いかにも貼り付けました!という主張がないし周りになじむので、抵抗なく設置できますね。

Sponsored Links

はさマンモスと100均グッズで買える類似品の違いは、安全性とドアの形状を選ばず取り付けられること

100均グッズで買える、ドアの取っ手側にはさんで取り付けるタイプの類似品ですと、ドアの蝶番側はガードできていませんので、指をはさんでしまう危険性があります。

100均グッズをドアに取り付けた画像

ドアの蝶番側のガードは、はさマンモスのほうが安全性が高いといえます。

壁とドアの隙間を塞ぐように設置するので指を挟まずに済みます。

類似品(ドアに挟むタイプ) はさマンモス
両開き戸に取り付け ×
引き戸に取り付け
ドアを完全に閉められる  ×

作用が似ているはさマンモスと、類似品(ドアに挟むタイプ)の違いは、

両開きの戸には類似品は対応してませんが、
はさマンモスは両開きの戸にも取り付けることができます。

引き戸には類似品を取り付けることはできますが、戸を完全に閉められなくなってしまいます。ですが、はさマンモスは引き戸に取り付けても戸を完全に閉めることができます。

ということで、設置しても何も影響がないですし、戸が閉められないという困ったことも起こりません。

はさマンモスの評判・口コミ・感想まとめ

はさマンモスの評判や感想を見たところ、

  • 事故防止のため購入。
  • 簡単に取り付けられた。
  • 指挟み対策ができて良かった。
    (引用元:amazon.co.jp)

との声が多かったです。

子供が指をはさむのを防止するため購入。両面テープがついていて貼り付けしやすく確実に指をはさむ事はないです。引用元:amazon.co.jp

1パーツ毎に両面テープが4箇所ほど貼られており、接着する前にどのように設置するか確認して取り付けました。幅広のものと幅が狭いものの2タイプあります。ドアの前後の取り付け場所が異なるので、注意が必要です。
場所によっては、接着力のせいなのかドアの汚れのせいなのか外れてしまう箇所がありました。前もって、接着力の強い両面テープを用意しておいた方がいいように感じました。 
引用元:amazon.co.jp

とてもシンプルで簡単に取り付けることができました。両面テープで貼るのですが、少し心許ない印象でしたが、実際1週間ほど使用してみても、今のところ剥がれるなどはありません。子どもが小さいうちは思わぬところに指を入れたりするので、少しでも危険を回避するためにはとても有効な商品だと思います。引用元:amazon.co.jp

Amazonでも購入できるようですが、
公式サイトはサイズや種類がそろっているのでおすすめです。

まとめ

  • 『はさマンモス』とは、
    ドアの設置部分(ちょうつがい)側に取り付ける、指挟み防止のグッズ。設置するだけで安全が守れる。
  • 取り付けが簡単・壁や塗装を傷つけない・色が透明で目立たないのでおススメ
  • 100均グッズとの違いは、はさマンモスはドアの設置部分側をガードするので安全。両開戸にも影響なく取り付けられ、引き戸に取り付けても戸を完全に閉めることができる。

子供の安全を守るのは親の責任ですので、危険を防ぎましょう。

⇩公式サイトへはタップ

年間100人がドアで指を切断!指挟み防止グッズ【はさマンモス】

Sponsored Links

コメント

タイトルとURLをコピーしました